小さいものを観察するならmicroscopeをフル活用!

顕微鏡
ウーマン

顕微鏡を買う時には

microscopeを選ぶ時にはそのmicroscopeをどのように使用するかで選ぶことが大切です。画質や接続できる機器、取り込みのしやすさはそれぞれ違うのでそれぞれの商品の説明をよく読んだり、デモ機を使用して選ぶことが大切です。

凸レンズの特性を利用

作業員

光の当て方で異なる利用法

microscopeは太陽光や蛍光灯などの光を利用し、対物レンズと接眼レンズという2枚の凸レンズを組み合わせることにより対象物を拡大して観察する器具です。虫眼鏡で何かを見る時に、対象物から虫眼鏡を離していくとだんだん大きく拡大されていきますが、ある位置に達すると対象物の上下左右が反転して見えるようになります。これは凸レンズを通すと光が屈折するという性質によるもので、この状態で見える対象物を虚像と呼びます。対物レンズはこの虚像を作り、それを接眼レンズで更に引き伸ばすことによりmicroscopeは種類によっては最大二千倍程度の拡大化が可能です。しかし上下左右が逆に拡大されてしまうので、microscopeを覗いた時に端に見える対象物を視野の中央に移動させるにはプレパラートを逆に動かさなければなりません。具体的には右端に見える対象物を中央で見るためにはプレパラートを左では無く右に移動させる必要があります。microscopeは用途によっていくつかの種類があります。透過型は対物レンズの下から対象物に光を当てる方法で、生体組織や細胞、細菌などの観察に適しています。反射型は対物レンズと同じ側に光源があり、対象物から反射された光によって細かい凹凸などを確認することができます。光を通さない金属の表面や半導体などの観察に適しています。microscopeの技術進化は医療機関や各種研究機関の飛躍的な発展をもたらします。より高い倍率で質の高い画像を得るために、電子やエックス線などを利用した技術の開発や操作性の向上など、さまざまな工夫と研究が続けられています。

女の人

光学顕微鏡の種類と相場

光学顕微鏡はmicroscopeともいい、様々な種類が登場しています。そのため価格も種類ごとに異なっています。値段としては100から300万円ほどがいいでしょう。安い買い物ではないので、販売会社と相談して買うことを推奨します。

顕微鏡

用途に応じて

microscopeは、物質の表面の状態を正しく把握することで、肉眼で見ただけでは判断できないことでも解き明かしていく能力を備えています。これらの能力を最大限に発揮させるためにも、専門業者に相談して、目的に応じた適切な倍率の機種を選定することが重要です。