小さいものを観察するならmicroscopeをフル活用!

女性

顕微鏡を買う時には

ウーマン

選ぶポイント

microscopeは拡大するためのツールでその用途に合わせて様々なタイプがあります。小さいものではusbから接続して拡大するもの、工業用の拡大率の大きいもの、スマートフォンなどに直接つけて端末のカメラの拡大率を高くするもの、写っている映像を他の画面で見ることができるものなど様々です。そんなmicroscopeを選ぶにはどのようにすれば良いのでしょうか。それは目的を絞ることです。例えばプレゼンテーションなどで使うのに工業用のものは必要ありませんし、研究用では倍率の低いものでは意味をなしません。そのmicroscopeをどのように使うのかをあらかじめ考えその用途に合わせて選ぶことが大切です。他に選ぶ時に注意すべきことは観察範囲です。microscopeではその機種ごとに解像度によって観察することができる範囲が決まっているので、購入時には注意しましょう。商品の説明の欄にはそのmicroscopeがどのくらいの大きさのものまで観察できるのかが書いてあるのでその情報を参考に選ぶことが大切です。また、販売会社では、デモ機の貸出を行なっていることもあります。実際に購入する前に、現物の使用感を確認することが出来るのです。microscopeの種類によっては、高額なものもあります。購入後に、これじゃなかったと後悔する前に、デモ機の貸出サービスを利用しましょう。また、初めてmicroscopeを利用するときには、使い方がわからないことがほとんどです。そのような場合、販売会社が丁寧にレクチャーしてくれるので安心です。このように、サポート体制がしっかりしている業者を選択しましょう。