小さいものを観察するならmicroscopeをフル活用!

女性

用途に応じて

顕微鏡

目的を考えて適切に使用

世の中には、パッと目で見た場合と、詳細をじっくり見た場合では、その様子がずいぶん違うものがあります。特に、不明な異物の特定をする際には、目で見た印象と、さらに拡大してみた時では、全く違った世界が広がっている場合があるのです。一見銀色に見えている金属片であっても、microscopeで拡大してみると、一部にさびが見られたり、切断面からどのような原因で発生したかを知ることが出来たりするのです。microscopeは、それぞれの物質を拡大してみせる能力があり、その倍率も様々なものがあります。それぞれの物質には適切な拡大倍率があり、その物質の特性を正しくとらえるためには、臨機応変にと選択する必要があります。5倍と50倍、そして500倍と倍率が変われば、森、林、木の関係のように、見えるものが全く変わってくるわけです。一般に通常の顕微鏡は検体を薄くし、光を透過させることで物質の特定を行いますが、microscopeは表面の状態を正しくとらえる際に用いられます。そのため、microscopeを購入する場合には、どういった意図、目的で必要であるかを明確にし、microscope専門業者に伝えることが重要です。最近では、microscopeはある程度の性能を保ちながら携帯できる簡易的なものも多くなっており、持ち運びが便利になっていることで、出先ですぐに確認し、その場で判断が必要な時に大変便利になっています。